0 comments

Tesla CEO Musk on Battery Factory, Model X, Apple

Feb. 19 (Bloomberg) — Elon Musk, chief executive officer of Tesla Motors Inc., talks about the company’s plans for a “gigafactory” to supply batteries, Model X SUV, talks with Apple Inc. and fourth-quarter profit. Tesla reported net income that beat analysts’ estimates and projected a 55 percent increase in vehicle deliveries. Musk speaks with Betty Liu on Bloomberg Television’s “Bloomberg West.” (Source: Bloomberg)

Tesla said it plans to boost the number of Model S cars shipped by over 55 percent in 2014 to 35,000 cars. Tesla shipped its first Model S about 20 months ago and in 2013 delivered 22,477 Model S cars. Tesla says it was able to hit its goal of 25 percent gross margin on these cars by the end of 2013 and will reach 28 percent gross margin by the end of 2014.(GIGAOM)

世界一のラグジャリー100% EVのTesla Model Sの販売が絶好調なTeslaですがそのエンジンとも言えるバッテリーに関しては全面的に日本のPanasonicに依存しています。Model Sはそのシャーシーの内部にPanasonicのリチウムイオンバッテリーを7000本以上も抱えて走っており、Model Sの製造コストで最も大きい比重を占めています。

pana

Elon Muskは稀代の名経営者ですから最大コストになっているこのバッテリーをTesla自身で製造することを考えていて、その規模は世界でも最大規模になる模様です。文字通り「GigaFactory」と呼べるものです。

去年あたりからAppleの経営陣がElon Muskとひんぱんに接触しているという情報が流れた結果、AppleがTeslaを買収するのではないか?という観測が流され、アメリカで大騒ぎになりましたがどうやらそれはTeslaが製造する電池をAppleでも使わないか?というレベルの話に落ち着きそうです。(真贋はまだ不明です)

いずれにしてもCalforniaのFreemontにはTeslaによって世界最大級のバッテリー工場が建設されるようですが、JAPAZINEの勝手な観測ではこの工場で日本マイクロニクスの量子電池battenice®を製造すれば世紀のスクープになるだろうなと妄想をふくらませているのでありました。

妄想型Tesla Model Sの性能

フル充電時連続走行距離:1,000Km以上

フル充電時間:専用充電器で約10分

事故時バッテリー火災の危険:原理的にゼロ

充電可能回数:10,000回以上 (仮に毎日充電しても30年間)

レアメタルの使用量:原理的にゼロ

価格:一般市販車と同等もしくは安価

さぁ、どうしましょうか? (@_@)

battenice

mjc

*この記事は事実ではなくビデオを見て妄想したフィクションです。